究極の安全性を誇る太陽光発電

日本は電力の供給に対してどれか一つに大きく依存するのではなく、バランスの取れた組み合わせ、いわゆるベストミックスを目指しています。
最も大きいのが天然ガスで、二番目が石炭、三番目は石油等になり、それ以降は原子力や水力となるでしょうか?
ご存じの通り、原子力発電所の事故によって現在は一つも原発は動いておらず、国のエネルギー供給は逼迫しております。
やむを得ず石油や天然ガスの輸入を増やすことで対応しているのですが、そこに費やす莫大な費用によって、家庭の電気代は今後もどんどん上がり続けるでしょう。
不況で給料が上がらない中、電気代まで上がり、更には増税まで控えているわけですから、今後の日本経済は先行き不透明となっています。
この状況を何とか打開する為には、やはり新たなエネルギー政策の推進が欠かせないのではないでしょうか?
そこで原発エネルギーの分を賄う新たな電力源として期待されているのが太陽エネルギーです。
いわゆる太陽光発電というものですが、ソーラーパネルを敷き詰めることで太陽の光を集め発電するというごくシンプルな仕組みとなっています。
そのメリットはなんと言っても安全性の高さが第一に挙げられるのではないでしょうか?
放射能どころか何の廃棄物も出さず、おまけに音も振動も発さないのですから、まさに究極に高い安全度だと思います。
また、可動部分が無いため故障がおきにくく、基本的には置きっぱなしという手軽さも魅力の一つです。
太陽が照れば照るほど発電し、家庭の電気を賄うどころか余剰分は買い取ってもらえるので一石二鳥ですし、様々な補助制度があるので導入も比較的容易だと思います。
さらに電力の固定価格買取制度によって企業の参入リスクを軽減することで、より一層普及が加速するのではないでしょうか?
まさに政官民業が一体となって新しいエネルギーの道にチャレンジしている様な感じですが、我が身のことのみならず環境や将来世代へツケを回さない為にも、果敢に攻めていくべきかと思います。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>

大阪で考える太陽光発電